人気ブログランキング |

2016年 11月 01日 ( 1 )

今朝は雨だったのでランオフ。
筋肉痛も昨日より酷かったので、今日は回復を優先。

明日はジョグか何かできたら良いな~。





さてさて、あつぎマラソンの振り返り。
サクッと参ります。



ロ・ンゲクンを横目にスタートした、あつぎマラソン。

まずは全体の記録から。

あつぎマラソン振り返り〜レース編〜_f0310282_20200726.png


そう、ガーミン様によると距離が足りない。


いつものレースであればガーミンの方が距離が長くでるので、やっぱり距離不足なんでしょう。

自己ベストから数秒落ちと言いつつも、実際はもう少しかかってますね。
残念ですが、こればかりは仕方ない。



コースの傾斜も再掲。

あつぎマラソン振り返り〜レース編〜_f0310282_19460856.png


上り区間でいかに消耗しないかがポイント。





今回のスタートは前から7列めぐらい。
10kmレースと同時スタートだったので、かなりゴチャゴチャした感じ。

それでもタイムロスは3秒ぐらい。




【0~5km:18’00(3’36/km)】
ラップ:3’38-3’54-3’25-3’31-3’32
(キツめの上り区間のラップはオレンジ色)


競技場のトラックを1周してから外へ。

スタートの混雑+インコースを走ってしまい、なかなか前に出られない。

少々焦ったけど、前が空くタイミングをじっと待ち、空いたら突っ込むを繰り返し、外に出る頃には自分のペースで走れる様になる。


1km地点に差し掛かる辺りで、ロ・ンゲクンを捕捉。
噂通りの個性的なフォーム。

そして案外、髪がサラサラでキレイだったのが印象的(笑)


そのままパスして1kmの看板を通過・・・。

あれ?ガーミンが鳴らない??

看板を通過後、少ししてからガーミンのラップ。
いつもと違うパターンに少し焦る。



1km通過後から上りが始まる。
あれ?コースマップに上りってあったかな?と、ふと思う。


呼吸が乱れないコト、リズムを一定にするコトを意識して淡々と走る。


下りに入ると、やや暴走気味に突っ込む。
下手にブレーキを掛けると脚のダメージが大きそうなので、脚の回転を意識しながら駆け降りる。




【5~10km:18’51(3’46/km)】
ラップ:3’41-3’48-3’40-3’553’47

7km手前から、いよいよ恐怖の上り区間が始まる。
ひたすら温存して、ゆっくりゆっくり走る。

この区間、思ったより傾斜がキツくなく、抑えて走っても前の小集団との差はそれほど開かない。
むしろスタートから飛ばして落ちてきた人を拾う状況に。


ラップも40秒台を表示していたので、ひたすらリズム一定で走ることを意識。
呼吸の乱れもなく、このままイケる!?なんて妄想が膨らむ。


10km通過はガーミンで36分51秒。
看板の10km表示では35分45秒ぐらい。
あのアップダウンで、さすがに35分台は有り得ないね(笑)



【10~15km:18’51(3’46/km)】
ラップ:3’584’10-3’23-3’25-3’58

序盤で最大の難所に差し掛かる。
急に傾斜がキツくなり、呼吸が乱れる。


呼吸を落ち着かせるペースまで落とすとキロ4分台でビビる。

なるべく脚も使わない様に、ひたすら慎重に走る。


コースマップでは12kmピッタリで上りが終わっていたけど、実際は12km過ぎまで急な上りが続く。

うわ~!?騙された!!と、ここで一気に疲労が押し寄せ、さらにペースダウン。

このままズルズル落ちるかな~と一瞬弱気になる。


何とか上り切った所から急な下り坂。
再び脚の回転を上げて下る下る。


3分20秒台でも呼吸は苦しくなかったので、そのまま押し切る。

前方の小集団には追い付いたり離されたりが続く。




【15~20km:17’55(3’35/km)】
ラップ:3’26-3’21-4’07-3’25-3’35

下り区間はイケイケドンドン。
とにかく脚を止めることなく回し続ける。

18km地点は最後の難所。
急な傾斜で一気にペースダウン。

ここでも脚と呼吸を動員しない様に意識。

終盤なので抑えてもかなり苦しかったけど、前方の小集団との差があまり開かないのでそのままでOKと判断。


下りに入って再度ギアチェンジ。
小集団にジワジワ接近。


この小集団は後から分かったのだけど、40代1位、2位の人。

お互い牽制し合っている様な感じで、1位の人が2位の人に行け行けなんて合図をしていたり。


ここに割って入って、一気に前へ!
出たと思ったら、右の脹脛にピキピキと攣りの兆候が・・・。


攣るか攣らないかギリギリのペースを維持してスタートの競技場へ。

結局ペースを上げきれず、小集団を引っ張る形になっていた。


後半10kmは36分46秒。
ちょいネガティヴ?
ヒャッハーな展開ではなかった(^_^;)




【ゴール(0.66km):2’13(3’20/km)】
20km通過後に40代1位の人に抜かれ、引き離される。
2位の人は真後ろに。


この時点でかなり気力が無くなっていたのだけど、ここで諦めたら勿体ないと、ペースは落とさず維持。

攣りの兆候は相変わらず。
ギリギリのペースを見定めてキープ。


競技場のトラックに入ったらゴール!と思ったら、もう1周あってガックリ。
呼吸も追い込まれてかなりキツくなる。


40代2位の人にも、いつ抜かれてもおかしくない状態。
ヒタヒタと背後に迫っている。


苦しいし脚も攣りそうだしで、もう諦めようと思ったけど、ここで諦めたらモッタイナイ!と思い直し、ラストの直線でスパート。

何とか振り切ってゴール。

結局40代1位の人には追い付けなかったけど。



毎度レースの度に思うのだけど、自分はこの競り合いに凄く弱い。

追いつけ追い越せの駆け引きが苦手で、ついつい早すぎるタイミングで前に出てペーサーにされてしまう。

いつもぼっち練だから粘れないのかな?


まだまだ課題があるとは言え、今回は想定以上のタイムで走れたので、この時期としては合格。




次に繋がる良い走りで、久しぶりに満足できました(^^)

次走の湘南では、やってやりますよ♪



あ、ロ・ンゲクンは、1km過ぎで抜いてからレース中に遭遇することはありませんでしたが、表彰式で発見!

年代別で入賞していました。
やっぱり速いんですね~。



応援のポチッとお願いします~m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
by kamichan326 | 2016-11-01 21:05 | 大会 | Comments(0)